2019年11月のMicrosoft Updateにより製品が動作しなくなる現象について

 

2019年11月12日に公開されたMicrosoft Updateにより特定の更新プログラムが適用されると、弊社製品が正常に動作しなくなる事があります。お客様には大変ご迷惑をおかけして申し訳ございませんが、以下の内容をご確認の上、ご対応いただきますようお願い申し上げます。

 

- 概要 -

2019年11月12日にMicrosoft社が公開した更新プログラムの一部に問題があり、更新プログラムがインストールされると弊社製品が正常に動作しなくなる事があります。製品により現象が異なりますが、以下のような症状が発生いたします。
 

「クエリは破損しています」等のエラーメッセージが表示されて、製品が起動しない。または一部の画面が開かない。

 

現時点では、以下の方法で問題を回避できることが確認できておりますので、お手数ですが内容をご確認の上、操作をお願いいたします。なお、以下の手順は暫定的な回避策です。今後さらに調査が進み、新たな対処方法等が判明した場合には、このページでお知らせいたします。

- すでに問題が発生しているお客様 -

(1)Windowsのスタートメニューから「Windowsシステムツール」にある「コントロールパネルをクリックします。

左下のホームマークの上で左クリックをし、開いたタブの「検索」をクリックします。

右下の虫眼鏡の右側に「コントロールパネル」と打ち込むと、検索結果に表示されますので、検索結果の枠で囲んだものをクリックします。

(2)「コントロールパネル」の「プログラム」にある「プログラムのアンインストール」をクリックします。


(3)右下の赤丸で囲んだ「インストールされた更新プログラム」欄をクリックし、「KB〇〇〇〇〇〇〇」と入力します。KBの後ろに続く数字はお使いのOfficeのバージョンによってことなります。
Office 2016 … KB4484113
Office 2013 … KB4484119
Office 2010 … KB4484127

※Officeのバージョンの確認の方法はページ下部(最終ページ)に詳細を載せています。ご確認の際はそちらをご覧ください。


(4)絞り込まれた更新プログラムを選択し、「アンインストール」をクリックして削除します。


同様に、絞り込まれたプログラムをアンインストールしてください。Officeのバージョンによってことなりますので、以下の数字を打ちこんでください。
Office 2016 … KB4484148
Office 2013 … KB4484152
Office 2010 … KB4484160

※2つの更新プログラムを検索してアンインストールします。検索結果に表示されない場合、その更新プログラムはインストールされていませんので、削除の操作は不要です。
これで、問題の原因となる更新プログラムが削除されました。

(5)問題の原因となる更新プログラムをブロックします。

次のページの「更新を止める作業」をご確認の上、作業を行って下さい。

- まだ問題が発生していないお客様 -

問題の原因となる更新プログラムをブロックする必要があります。
次のページの「更新を止める作業」をご確認の上、作業を行って下さい。

更新を止める作業

ホームを開き、丸い枠で囲った設定ボタンを押して、下のようなのWindowsの設定の画面を開きます。

Windowsの設定画面の「更新とセキュリティ」のボタンを押して、次の画面に進んでください。

Windows更新時にMicrosoft製品の更新プログラムを受け取る設定を「オフ」にしてください。

次の画面の「詳細オプション」をクリックしてさらに次の画面を開きます。

更新の一時停止の一時停止期間を最大の日付に設定し、品質更新プログラムの設定を最大の値「30」に設定してください。

以上の方法で更新プログラムが設定した日付まで更新されないようになりました。




Windows7/8.1をご使用のお客様は、Windows Updateの設定が「更新プログラムを自動的にインストールする」になっている場合、
それ以外の選択肢(例:更新プログラムを確認するが、ダウンロードとインストールを行うかどうかは選択する 等)に設定を変更します。
Microsoft社が更新プログラムを修正するまでの間は、手動でのUpdateの実施およびインストールは、お控えください。

- Office365の場合 -


Office365の場合、Accessを立ち上げ、アカウントを押して上の画面を開いてください。右の丸枠の「更新オプション」をクリックし、「更新プログラムは自動的にダウンロードされます」から「この製品は更新されません」と変更してください。

これで、問題は解決されました。

- Officeのバージョンの確認方法 -

ホーム画面を開いてください。「Access 〇」という〇のところに数字が入っています。その数字がofficeのバージョンになります。


 

 

Microsoft社によりますと、2019年12月10日に不具合を修正したプログラムを公開する予定とのことです。 

https://support.office.com/en-us/article/access-error-query-is-corrupt-fad205a5-9fd4-49f1-be83-f21636caedec(英語)

 

 

お手数をおかけしますが、ご対応いただきますよう、お願い申し上げます。
また、ご不明な点がございましたら、弊社までお電話ください。

(電話番号:0745-23-7000)